動画で学ぶブランディング基礎講座、個人マンツーマンコンサルティング・法人コンサルティング・オンライン顧問詳しくはこちら!

太りたくないけど食べたいし飲みたい、そして”ヘルシーで美味しい”を叶える商品を一挙公開!

今私は、嬬恋村の浅間高原避暑地にある別荘で長期ワーケーション中!
来週には東京帰るんだけどね。
こちらで8月頭から、ずっと、引きこもって仕事をしております。長期ワーケーションは今年で3回目。静かで仕事もはかどりいいのですが、ひとつ懸念事項があるんですよ。


それは、運動不足と
3食自炊すると思わず食べ過ぎて2キロくらいは太って帰ることだ。
なので、3回目の今年は、それに気をつけて過ごしている。

今回の頂きものセレクションは、6回目になりますが、別荘に来るとき、東京から持ってきた、なんかダイエットに良さそうだ、素材が体に良さそうだ、みたいなものをまとめて紹介したいと思います!

目次

香川県善通寺市の地域ブランド、精白米の30倍の食物繊維含むもち麦「ダイシモチ」は、料理に混ぜて使います!

私は、以前、弊社でもうひとつ運営しているコンテンツ日本流行部(来年大きくリニューアル予定)の取材で香川県を訪れている。その時は、丸亀市を中心に回ったのですが、こちらの善通寺市にも取材で行きました。
その善通寺市で、今、市をあげて地域ブランドとして推しているのが、この「讃岐もち麦ダイシモチ」です。


このもち麦は、ちょっと紫がかっています。これは、普通のお米と1対1で混ぜて炊きます。
食感がモチモチしていて、かむと甘みがあります。私は、カレーも、このご飯で食べていました。お米に混ぜるだけじゃなくて、コロッケやパンに混ぜてもモチモチ食感を楽しめます。

あとね、ゆでた後、サラダやスープの具材にするももオススメ!

ポイントは、β‐グルカンが豊富なこと。
β‐グルカンのパワーは5つ。
内臓脂肪の減少・メタボ予防、血糖値の急上昇を抑えるので糖尿病の予防食に、便秘を解消、コレストロールを低減、善玉菌を増やす、なんていうパワーがあるそうです。
私は、ダイエット目的ですが、お父さんの健康のためなどにも良さそうですよね。

食品添加物不使用・食物繊維たっぷり「ご飯がいらないキーマ風もち麦カレー」

こちらは、先ほどのダイシモチをご飯のかわりにしたキーマ風もち麦カレー。
すでに調理済みのレトルトパウチ食品です。
カロリーは、246キロカロリー!めっちゃヘルシーです。
しかも、食品添加物不使用!私は、仕事で夕飯遅くなった時用に、これだけ10箱とか欲しいわ(笑)

味は、コクがあって、カレーの辛味はあまりないけど、逆に、子供にも食べさせられるし、これはこれで、辛くない方が美味しく感じました。
量は200gだから、これでご飯の代わりにするのは少ないかなと最初は思ったけど、食べてみたら満足感があって私はこれだけで私は十分でしたよ。

ちなみに、せっかくだから私が善通寺市に行ったときの、旅のプチ情報を書くと、善通寺市は、弘法大師(空海)誕生の地。そして、善通寺と言えば、私はこれが忘れられなく、また絶対に行ってみたいと思う場所がある。

それは、善通寺にある御影堂で体験できる戒壇めぐりだ。御影堂の地下に続く階段を降りていくと真っ暗でほんのりも見えない、本当に暗闇の中、地下を一周する回廊があり、一般の人でも、そこを歩く修行ができるんですよ。
本当に真っ暗で何も見えないの。壁を手で伝ってひたすら前に進んいくと、途中にうっすら見える暗闇の中で拝める場所に出るのだ。そこで拝んだら、また、真っ暗の中を進んでいいく。全長約100m、体感では、もっと長く感じます。なかなか他では体験できないので、香川県に行ったら、絶対に行ってみて!

そうめんや冷や麦をこれに変えて糖質50%オフ「おいしい低糖質麺」

こちらは、食感は、そうめんとか冷や麦と同じ感じです。だけど、もっともっちりしているかな?
私は、ランチは麺類が多い。7割麺類だ。
パスタ、ラーメン、そば、うどん、たまにそうめん。
麺類は、やはり、糖質が気になるのだけど、その分、夜は炭水化物を少なくしたり、雑穀米にしたりして調整しています。

なので、この商品は、糖質50%オフで色々な料理にアレンジできていいなと思った。しかも1日分の食物繊維入り!

普通にそうめんのように麺つゆで食べても美味しかったけど、これは、和風パスタ風にアレンジして食べてみたものです。
ゆであがった麺に、めんつゆに梅干しを砕いて入れてまぜたタレに、シーチキンとレンジでチンしたオクラを切って入れ、弱火で鍋でめんとさっと絡めます。トッピングにミニトマト、かつお節、小葱で完成!
そうめんよりも、麺はモチっとしていて歯ごたえがあります。なので、こんなパスタ風の料理にもピッタリ合いますよ!

お昼はめん類が多いっていうダイエット中の方にお勧めします。和食にも、洋食メニューにも使えるっていうのがいいよね!まとめ買いしてストックすべし!

ダイエット目的のそばを、糖質50%オフ「おいしい低糖質そば」でさらにヘルシーに

めん類を毎日のように食べている私。最近ちょっと太ったよね、ってときは、食べるめんを、そばにしたりしてます。
麺つゆにつけて、シンプルに食べれば、カロリーも低めになるのではないかと思って。
なので、その、そばが、さらに低糖質だと本当にいいよね。

この商品は、普通のそばと比較して、さらに糖質50%オフ!ダイエットしたい人の強い味方です!

ダイエットや身体によさそうな3種をミックス!「スーパー大麦もち麦・玄米ごはん」

私は、普段から、自炊時や外食でも選べる場合は、なるべく玄米や雑穀米にしている。
なので、この、スーパー大麦、もち麦、玄米がコラボしているこの商品は最強なんじゃないの?って思った(笑)
スーパー大麦15%配合、β‐グルカンが含まれ食物繊維豊富なもち麦、そして山形県特別栽培米つや姫玄米100%使用。炊き方によっては、ちょっと硬くなりがちな玄米だけど、これ、電子レンジでチン!なので、玄米初心者にも簡単です。また、3つがミックスされたことで食感が食べやすくなっていました。健康とダイエットを気にしている方には、気軽に始めやすくていいなと思います。

炊き込みご飯をヘルシーにした「大豆のお肉とごぼうが入った炊き込みもち麦玄米ごはん」

こちらは、これだけでも満足感のある炊き込みご飯です。この炊き込みごはんには、具材として今話題の大豆のお肉とゴボウがはいっています。大豆のお肉は、コレステロールゼロ、豚ひき肉と、比較して、タンパク質、ミネラル、ビタミンが豊富で低脂質です。
玄米ごはんは、山形県のブランド米である雪若丸を使用。もち麦は過熱調理をしても劣化しにくいキラリモチを使用し、レトルトごはんに加工しても、もち麦本来のおいしさをキープしてくれています。減塩醤油と和風だしであっさりした味付けです。どんなおかずにも合いそうでした。

小料理屋さんで出されるような上品な味「国産もち麦入り生姜炊き込みごはん」

これ美味しかった!3タイプの中で、1番私好みの味と食感だった。
なんかね、小料理屋さんで最後に出てくる上品な炊き込みごはんみたいな感じで、とっても気に入りました。
ごはんは、山形県のブランド米ササニシキ100%使用。ササニシキって粘りが少ないから、こういう炊き込みごはんにピッタリですよね。
こちらも、もち麦は国産のキラリモチを使用、食物繊維豊富です。
私はこの味付けが好きだったんだけど、国産生姜と昆布だしで味付けされています。濃い味付けではないですが、そこが逆にいいです。生姜がほんのりきいていて、主張しすぎず、ちょうどいい感じでした。

食べてみてください、小料理屋さんに出てきそうな、上品な味、って私が言う意味わかると思うので。

美容、健康維持、ダイエットで注目のシナモンがドリンクに!東京町田市のご当地発飲料「町田シナモン」

シナモンていうと、お菓子の材料というイメージしかなかった私。
独特の風味が特徴です。
そのシナモンには、様々なパワーがあるってご存知ですか?


シナモン樹皮は、古代の中国やエジプトの時代から広く治療薬として使われてきました。ナモンの樹皮は、強力な抗菌・抗感染作用に優れていると言われていて、古くから皮膚の治療や洗浄にも効果があると言われています。
空気清浄なんかにも、シナモンはいいらしいですよ。


香料保存料不使用、ほんのりした甘さもシナモン特有の甘さで、人口甘味料など一切入っていません。私は、ものすごいスパイシーな味を最初想像していたのですが、思っていたより、優しい味わいです。
ほんのりした天然のシナモンの甘さと風味が口の中に広がる感じです。

クレオパトラも愛した世界最古のシナモン、私も、町田シナモン飲んで、その美にあやかりたいわ。

いかがでしたか?今回は、香川県、山形県、東京町田市のご当地商品、ダイエットや健康に良さそうな商材をめとめて紹介しました!

ハッピーリボーンのこのハッピー&チョイスのコーナーでは、人生を変えたい、変えられる商品やサービスで、尚且つ、全て私が体験し、良かったものだけを紹介しています。

健康になれるとか、ダイエットに良さそうとか、きれいになれそうとか、リフレッシュできそうとか、開運しそうとか新しい価値体験とか、そんなものをここでは、メインに取り上げていきます。


食品が多くなっていますが、お勧めの品種の花や植木とか、癒し雑貨とか、または商品だけじゃなくて、とか、何かの体験等も今後取り上げていきたいと思っています。
平舘に体験してほしいサービスなどあったら、ぜひ、以下のバナー「掲載・取材依頼フォーム」よりお問合せ下さい!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次