動画で学ぶブランディング基礎講座、個人マンツーマンコンサルティング・法人コンサルティング・オンライン顧問詳しくはこちら!

集客がうまくいかない資格系起業女子が気づていない問題点

目次

集客がうまくいかない資格系起業女子が気づいていない問題点

女性が独立する時に、手を出しがちなのが資格取得です。
とくに、キャリア実績がない主婦などには、自分で何か仕事をしたい、子育てしながら空いた時間で自宅で講師業をしたい、なんていう人に人気です。
とっかかりはそれでもいいのですが、この講師業、なかなかうまくいっていない人のほうが多いはず。


私は、マーケティングの専門家であり、企業の営業やブランディングのコンサルなんかもたくさんしてきたので、以前から、資格を取得して開業している資格系女子の方たちは、何でこれに気づかずに、みんな、同じ過ちをしているのだろう?と思っていました。

たぶん、資格は趣味だから、生徒とか取れなくてもいいんだなと思っていたのですが、最近、私のところにくる、オンラインコンサル案件の相談内容を聞いていると、資格を取得したけれど、全然生徒が取れないとか、お茶会とか行っているのに、その経費で赤字になっていて困っているなんて話をよく聞きます。


えーーー、旦那様の給与で生活できているから、資格だけあればいいと思っていたのだけど、そうじゃなかったんだ!って思ったのです。

今日は、そういった資格系起業女子にありがちな、なかなか生徒獲得や仕事獲得がうまくいかないダメな点を具体的にいくつか紹介したいと思います。

とくに、以下の点を解説していきたいと思います。

一生懸命やっているのに、なんか全然結果が出ない、そんな風に思っているあなたは、ぜひ、最後まで読んでみてください。
もしかしから、あなたは、ダメな集客方法にハマっているのかもしれませんよ!
いくつか、資格系起業女子にありがちな、ダメポイントを挙げますので、資格の肩書があれば満足だっていう人以外は、自分が当てはまっていないかチェックしてみてくださいね。

集客できないダメポイント①資格認定をしてくれた講師と行動を共にする

まず、これに気づいてください。
資格取得して講師になった瞬間から、その資格を認定してくれた人は、あなたの集客ライバルです!

このことに気づかず、ずっと、先生を頼ろうとする人は、いつまでたっても講師業で稼ぐことができません。

一番やってはダメなことは、その認定講師と、資格取得後につるむことです。

人は、誰しも、独立時は、一人では心細いと思いがちで、今までいた場所にいた方が安心します。なので、やりがちなのは、認定資格をしてくれた講師と一緒にインスタで集客しようとか、何かのイベントに参加して人脈を拡大しようとすることです。

これ、大間違いです!いますぐやめましょう。
あなたが、ちゃんと稼ぐ気ならね。


なぜなら、あなたは、その講師の取り巻きにされてしまうからです。
講師の映えをつくる取り巻きの一人になってしまうからです。

よく考えてみてください。そのインスタを見た人は、同じ資格を取得するとしたら、誰に習いたいですか?


資格取りたてのあなたじゃなくて、インスタなどで中心で笑顔を振りまいている協会代表者じゃないですかね?

資格認定をくれた講師の誘いで、あなたがお茶会なんかに参加したとしても、あなたには、きっとメリットがないです
その行為を人脈を広げるためだとか、インスタ営業だとか勘違いしないことです。

新しいノウハウを教えてくれるのならば話は違いますが、もう、あなたは、講師の資格を持っているのですから、そこに参加する必要は本来はありません。

独りで何かをすることの不安感からの行動だとは思いますが、もう資格を取得したのです。
あなたは、そこから自立する覚悟を決めないことには、なかなか結果など出せないでしょう。

肩書が欲しいだけ、趣味でやっているのなら、そのままでいいですが、ちゃんと仕事にしていきたいと思うのであれば、いますぐ、それに参加するのはやめることです。
その時間と労力とお金を、自分の生徒を増やすために使いましょう。

集客できないダメポイント②知人講師だけが集まるお茶会やイベントに参加している

営業の観点から言ったら、本当にダメなサイクルにハマっている人がいっぱいいます。

その中で
1番ダメなのが、様々な資格系講師同士で仲良くし、お互いの講座に参加しあっているパターン。

例えば、Aさんが花講師だとします。今度Aさんが主宰するフラワーアレンジメントのレッスンが5000円であります。だけれども集客に自信がありません。そこで、講師仲間の友達に参加してくれとお願いしてみました。

そして、ヨガ講師のBさん、料理講師のCさん、ポーラセーツ講師のDさんが参加します。
募集定員の集客はなんとかクリアしました。


そして次の週、ヨガ講師のBさんが、ヨガ体験レッスンを主宰するのでみんなに誘いをかけました。参加費は5000円です。


花講師のAさんは、ヨガには興味はなかったけれど、前回参加してもらったので、行かないわけにはいかないよなと思い、ヨガに参加することに。

料理講師のCさんも、ポーラセーツ講師のDさんも、自分のレッスンの時に来てもらったこともあるので、断れないなと思い、ヨガに参加しました。

これ、一見、生徒が集客できてるように見えますし、そのレッスンは赤字ではありません。でも、よく考えてみて。

みんな5000円のレッスンを開講しているとして、あなたは、他の3人のレッスンに参加していれば、15000円が出ていくことになります。
マイナス10000円なんですよ。

お金がその仲良しグループの中で回遊しているだけなんですよね。これはビジネスではありません。単なる趣味のサークル活動です。

さらにですね、それらの人たちとの付き合いで、お茶会に参加したり、何かの体験をしたり、することに、どんどんお金が出ていく。

あなたは、その行動経費に見合う生徒を獲得できていますか?
結果は、インスタの映え写真が増えただけじゃないでしょうか?


あなたが、お金をかけるべきは、それらの、お金を生まない集団との付き合いではなく、もっと違うところなのです。

今後の改善ポイント①付き合う人を変えて仕事を拡大していこう

じゃあ、どうするべきか?
まず、あなたの周りとはキャリア構築や人脈が被らない人と会いましょう。


違う資格の講師同士でコラボ企画をするのは、まだいい。

一番ダメなのは、意味のない、インスタ映えする企画に参加したり、同じ資格を持つ者同士でつるんだり、お互いのレッスンに参加しあうということです。


これは、講師として自立したいなら、今すぐやめましょう。大きなイベントの仕事をみんなで請けるとかはいいですが、それ以外は、一緒に行動しない方がいいです。

友人として、たまに、営業なんか一切考えず、年末に忘年会するとかそういうのはいいとして、お互いにレッスンに参加しあうとか、インスタ映えを狙って、関係のないイベントに参加するとかは今すぐやめるべきです。その経費を新しいカテゴリーの人脈獲得に使いましょう。

例えば、私にとっては、何かの専門知識や技術、資格がある人は、自身の仕事のためにも必要です。
それは、私は、マーケティングや企画の仕事をしているからです。

私が関わる企画に、その専門的な知識や技術が必要な場合、その人に仕事の依頼ができるからです。

例えば、一緒にインスタに投稿したとしても、私が、その人よりもしも目立ったとして、その資格系の講師業の人から仕事を奪うこともないですし、逆に、クライアントに、こんな専門的知識のある仲間がいます、っていうのは、私にも仕事が来るかもしれないので、双方にとって仕事上ではメリットしかありません。
双方にとって、メリットしかないのです。
講師業の人は、同業者で固まらず、講師として自立していきたいと思っているのであれば、私のような仕事の人と付き合うべきでなのです。

今後の改善ポイント②最強のコラボパートナーを獲得するためにブランディングをきっちりしておこう

例えば、私の場合ですが、企業から花関係の仕事の依頼があったとします。イベントとか広告の仕事をしているので、実際にかつても何度かそんな依頼はありました。

そんな場合、全体の企画とディレクションは私が全てやることになります。


実演や装飾を誰がやるか、って選ぶのは、私なんですよ。

私は、その仕事がきた瞬間から、その企画ができそうな技量のある人を探します。
でもね、資格を持っている花講師とかフラワーアーテイストって世の中にいっぱいいるじゃないですか。料理家なんかもそうですよね。


まずは、私が知っている中にいないかを考えますよね、普通。

そして次に、その中で、求められることができる技術力があるかを考えます。
すぐに、仕事を発注できる場合は、すでに、長い付き合いのある人だったり、私が何かを教えたことのある受講生だったりします。


なぜかというと、ちゃんとした人だという安心感があるのと、もうひとつは、私自身がその人の技術の特徴や雰囲気を把握しているからなんです。
大抵、私が、何かの仕事を誰かに依頼する場合は、その人ブランドを理解している場合だけです。

私が開講している、引く手あまたになれる術「ブランディング基礎講座」では、最後に、ブランドミッションというのを作成してもらいます。
そこまでたどり着くと、大抵の人は、
自分のやっていることが周囲と差別化でき、自分ブランドを構築できます。
そうなると、こちらも仕事依頼がしやすくなる。

〇〇って言えば、〇〇さんにお願いしよう!
〇〇の雰囲気なら、〇〇さんが得意だな、とか、私の頭の中で閃きやすくなるのです。


あなたは、同じ資格を持つ仲間の中から、あなたならではの差別化ポイントをはっきり言えますか?

はっきり言えなければ、生徒獲得はこの先もかなり厳しいと思った方がいいです。

資格を持つ講師のほとんどは、はっきり言って、この部分が明確ではない人がほとんどです。

資格取得は、はっきりってスタート地点に立っただけ。
事業としてやりたいなら、その先の自分ブランドを構築していく方が大事なのです。

だって、同じ資格を持っている人は、世の中にたくさんいるのですからね。

私は、企画の仕事をしています。
なので、専門的な資格を持つ人、サービスを提供する人、ものづくりをする人は、全部、私とは競合にはなりません。むしろ、全部、ビジネスパートナーになりうるのです。


だから、私が今やっている、ハッピーリボーンアカデミーのブランデイング基礎講座マンツーマンコンサルティングって、受講者のためだけにやっているわけじゃないのです。

このオンラインスクールは、私自身のビジネスパートナーとの出会いの場であったり、オンラインコンサルティングで受講生の方にアドバイスすることで、その人が稼げる実力をつけてくれればくれるほど、私も、仕事で組みやすくなり、自分にもすごくメリットがあるのです。


だから、私は、企業案件の仕事を行いながら、一方で誰かを育てその人ブランドを構築していくという地道な作業を一生懸命やっています。

これからの時代は、社員をたくさん抱える時代ではないと思っています。
みんなの能力を持ちより、都度都度集合してビジネスを行い、稼いでいく時代です。


あなたも、自分ブランドを確立して、私と一緒に仕事しませんか?
同業じゃない同士で組んでいきましょう。

同業者の講師の方と組んでも全然お教室がうまくいかない、そんなあなたは、お茶会している暇が合ったら、ぜひ、ハッピーリボーンアカデミーにお越しください。将来、私と一緒に何か仕事で一緒に組みましょう。
お待ちしております!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次