動画で学ぶブランディング基礎講座、個人マンツーマンコンサルティング・法人コンサルティング・オンライン顧問詳しくはこちら!

手遅れになる前に脱出せよ!衰退産業や衰退職業からの転身準備を急ごう!

目次

手遅れになる前に脱出せよ!衰退産業や衰退職業からの転身準備を急ごう!

2020年からこの2年で、コロナ渦をきっかけに、社会が大きく変わりました。
一番変わったのが、かなり広い業種で仕事のオンライン化が進んだことです。
以下の記事の中に登場する業種を仕事にする人は、やり方を変えるか、そもそもその業種から別の業種に転身することをお勧めします。
今後、かなり早く、その仕事が消えると予測できてしまうので。


まず、オンライン化でなくなったものの代表が、出勤と出張、そして広いオフィスです。

私も今は、仕事の8~9割がオンラインで完結しており、出勤は、月に数回となっています。

先日、久しぶりに、ずっと避けてた、通勤ラッシュ時間の電車に乗りました。
コロナ蔓延以降、混雑する時間帯の電車はなるべく避けているのですが、その日のアポが朝一だったので、仕方なく覚悟を決めてラッシュ時の電車に乗ったのですよ。


通常は、駅員さんに、後ろからぎゅうぎゅう押されて乗るような急行電車がね、スカスカではないが、かなり空いていて、お盆休みの時期のようだった。

一応、今は、コロナ騒ぎも一段落し、東京では外出制限などはない。なのに、電車が、すごく空いていたんだよね。
ってことは、もう、昔みたいに、コロナが収まっても、多くの人が毎日会社に出勤しなくなったってことなのだ。
たった2年でこんなにも社会が変わってしまったのだ。ちょっとびっくりしたわ

仕事のオンライン化で今後衰退の一途の産業と仕事は明確だ

仕事のオンライン化で今後猛スピードで衰退し、消えゆく仕事はもう明確だ。
なので、今、あなたがその仕事をしているのならば、早急に転身を考え行動した方がいい。

まず、何が衰退していくのか?
私が思うに、今後どんどん利用客が激減していくのは、おそらく
新幹線だ。
これ、この先衰退の一途だと思う。
大企業の出張が一斉になくなったので、コロナ落ち着いても、以前より利用客がどんどん減っていくのは間違いない。

私のSNSのタイムラインを見ていても、大企業の社員の出張が激減しています。中でも新幹線利用が激減している。

しかも最近は、飛行機も安くなったので、知人の出張報告見ていると、飛行機出張で日帰りが以前よりぐっと多くなり新幹線利用が減っている。

観光利用だけでは、平日ガラガラだし、JRはこの先新幹線の利用率低下で、かなり大変なのではないでしょうか?鉄道ビジネスは今後相当厳しい。運行赤字にならないように減便しつつ、人じゃなくて商品運ぶとか他のことをすることで対策をしていくことになるのかもね。

そうなると、かなり厳しくなるのは、駅近のビジネスホテルだ。

もともと観光地としてにぎわっている地域は大丈夫だとして、半分くらいは、ビジネス出張利用だというホテルは相当厳しい。
早急に、今までにない企画など、新しいことをどんどんやっていかないと終わると思う。
コロナ終わったから、人来るとか見込みが甘いと思う。今まで出張客もけっこう含まれていたと思うので。
一部の常ににぎわっいる観光地除いて、今までの延長のやり方では、だいぶ厳しいのは明確だ。特に、東京、名古屋、京都、大阪、神戸、福岡などの出張エリア近くの観光地が厳しくなるだろう。

地方の観光地って、今までは、出張の前泊とか帰りにもう1泊延泊しようとかの利用もあったのだろうけど、それが今後全てなくなってしまうので、今後は純粋に観光で行くって場所だけが残っていくことになるだろう。

出張客相手のホテルや飲食店、お土産屋さん、お弁当屋さんなどが、今後も大苦戦なのは目に見えている。
たぶん、そこは、企業の出張自体がオンライン化でなくなってしまったので、コロナ落ち着いても復活はしないと思われる。コロナ終わったら人が来るとか、呑気に構えていてはいけない。早急に新たな集客を見込める企画をやっておくべきだ。

人員カットが更に増えるはずの小売と接客のサービス

感染リスクを防ぐという理由で、チェーンの飲食店やコンビニ、スーパーなどの人を介した接客サービスが激変した。

事前オンライン予約、オーダーはタッチオパネル、料理を運ぶのもロボット、支払いもバーコードで自動化、お金の受け渡しやお釣りの受け取りも自動レジのセルフサービスが導入され、店員さんの人数が思いっきり減った。


スーパーやダイソー、ユニクロのようなお店も、有人レジが少なくなり、ほとんどが自動化された。
現在東京では、接客の店員が本当に少なくなったのだ。これ、すぐに地方もそうなると思います。さらにこれらは、いずれ、無人に近くなると思う。ここまで変わるのにたった2年なので、そのスピードは結構早いと思う。
今そこでバイトして生計を立てているという人は、近いうちに、仕事を失う可能性が高い。
別の仕事への転身や独立、副業の準備を始めよう。

窓口接客はすでに過去の時代のものと消えゆく

旅行代理店店舗、銀行支店などの窓口接客があっという間に消えた。

この2年間で、私がちょっと不便になったなと思ったのは、近所や会社近くの銀行の支店がどんどん撤退統合し、ATMもなくなっていったことだ。
そして、法人の窓口対応も、都心の一部の支店だけになってしまった。
これ、けっこう面倒くさいです。もう、金融機関はオンライン無人化まっしぐらです。

あと、旅行自体が減ったのもあるけど、うちの近所にあった結構大きめのJTBと日本旅行の支店が、このコロナ渦で2店とも閉店しました。
もう、旅行代理店を介しての手配旅行とかはしない時代。交通チケットも全部ネット予約になり手配は不要。今までは、ネット音痴の年配者向けに旅行代理店の店舗はあったと思うけど
コロナ渦で年配者も、スマホを使いこなすようになってしまい、スマホ決済や予約も行うようになってしまった。
旅行は、比較サイトで、一番安い手数料の代理店から購入する、もうそうなっていますね。
ネットでできるものは、今後みんなネットになるのはもう既定路線だ。

窓口で接客していたサービスがなくなるのはもう時間の問題。
ドコモなんかの携帯キャリアの店舗も今後700店舗閉店し、オンライン化するって発表されていたし、現在、窓口対応している人員は削減されていくだろう。

オンラインで学べるものは全てオンラインに

コロナ渦で気づいたのは、何かを習ったり学ぶ場合、そのほとんどが、自宅に居ながらにしてできるということだ。

私は、コロナ渦でずっとスポーツジムを休会していたのですが、昨年ついに10年以上会員だったジムを退会しました。
筋トレする場合は、今はユーチューブ見ながらやっている。
正直、それで足りている。ストレッチも筋トレも、ヨガもユーチューブでよい。

自分の好きな時間にでき、ワーケーションで別荘に行ってた時もできるので、これは、かなりよかった。

料理の献立も動画みながら作っています。

わざわざ、決まった時間に予約を取って交通機関使って習いに行く、ということをしないで、好きな時間に好きな場所で好きなだけ学べばいいという気軽さに慣れてしまったら、これが最高だ、ってなってしまった。

お教室系は、今後どんどん全部オンライン化していくのは目に見えている。

地方の人、呑気にしていると東京人に仕事を奪われますよ!

今後は、集客も、販売も、サービス提供も、情報提供も、もう、リアルの時代は終わった。数年以内にほとんどがネットを介してになる。

これが、2020年に私がした未来予測だった。こんな予測、昔から言われているから、誰もが予測はしていたと思う。

ただね、
未来予測が大きく違ってきたのは、そうなるまでのスピードだ。地方まで全部そうなってしまうまでの時間だ。

東京でも数年、地方はさらにもっと遅れると予測していたのがはずれ、これからあっという間に変化していくってことだ。ってことは、今早急に手を打てない人は、近いうちに全国的に職にあぶれる人が続出するってことだ。
これが、私が、ハッピーリボーンアカデミーを立ち上げ、ブランディング基礎講座を動画で公開した理由だ。

東京では、もう、すでに、まずいことになっている。
仕事がないって人が急増している。


なので、その人たちは、
今、生きていくすべを準備しだしている。
それが、自身の強みを把握し、ブランディングをすることだ。


じゃないと、転職も厳しい。


さらには、自身の得意なことを生かし
万が一職を失うことになっても生きていけるように、副業をしだす人がかなり増えている。
すでに、リストラされ、職を失ったので、やるしかなくて起業をする人も増えている。

今まで、旦那さんの収入に頼っていた主婦たちが、旦那さんの未来も確実ではないと察知し、強みを活かして、小さなビジネスを開業するために一斉に勉強しだしたのだ

それらの人は、今後ネットを介して、何かを販売したり、サービスを提供したりすることになるだろう。
そうなると、先に学んで立ち上げた人のほうが断然有利だ。

そして、ネットを介したビジネスなら、どの地域にも提供できてしまうのだよ。

今までは、地域同士助け合いで、お互いのサービスを利用しあって支えてきただろうビジネスモデルが崩壊寸前だ。これに、今気づける地方の人は、これからの過酷なビジネス社会を生き抜けると思う。

今、地方に住んでいて、まだ仕事あるし、ってのんびりしているあなた。

呑気にしていても、とりあえず大丈夫そうなのは、コロナ渦でもなんでも、毎月固定収入が保証され賞与も出て、リストラもない公務員だけだ。

ヤバイです今の状況は!気づこうよ、早く手を打たなくちゃ。


東京の人たちは、職を失う危機が早く来たので、すでに誰もが危機感を持っており、手に職を持とうと動き出しています。

間に合ううちに、手を打つべし。

何からしていいかわからない人は、まず、自分の強み、弱みを分析し、強みを生かした仕事は何か考えよう!
そして、将来有望な業種に転職するでも、独立するでも、まず、あなた自身のブランディングを早急にやりましょう。

早くやらないと、本当に後悔すると思います。
この過酷な時代を、一緒に生き抜きましょう!

アタフタしている時間はない、まずは、とっとと一歩を踏み出そう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次