動画で学ぶブランディング基礎講座、個人マンツーマンコンサルティング・法人コンサルティング・オンライン顧問詳しくはこちら!

最強の運を身に着けたいなら、最強のパワースポットへ行こう

目次

最強の運を身に着けたいなら、最強のパワースポットへ行こう

これは、富士山山頂にある浅間大社のお守りだ。
私が富士登山をしたのは、今からもう15年くらい前のことだ。
その時、山頂にある神社で何気なく買ったこのお守りがすごいパワーだった。


私は、確か、すぐに、翌年のお正月かなんかに、近所の神社に返納してしまったのだけれど、うちの母が、富士山山頂のお守りなど、誰かが登らなければ手に入らないし、すごいパワーがありそうだと、返納せずに、いまだ毎日持っているのだ。


いざという時にこのお守りを握りしめると、全てがいい方向に向かったんだよね、この15年間くらい。
家族の病気も奇跡のように乗り越えられたし、大きなことから小さなことまで、なんか難なく乗り越えられている。
だから、母はこのお守りなくしては、いられないのだ。

なのに、先日、なんと服のポケットにいれたまま洗ってしまった!(笑)

いまだに、その洗ってしまったお守りは特別だからと、毎日それを握りしめて、拝んでいるけど、新しいものを手に入れたいなと思っていた。
私も持っていたいし。だけど、富士山に登る体力などもうない(笑)

そんな風に思っていたら、たまたまフェイスブックで、今富士山登っています!って投稿を目にしたんだよね。
同世代で、すごいチャレンジャー、すごい体力!と感心しながら、ずーずーしいと思ったのだけど、今頼まないと私の周囲では、誰もこの先登らなさそうだと思ったので、その方に、山頂でお守りを買ってきてくださいと頼んだのだった。

そして、この最強のお守りが昨日私の家に郵便で届きました。これからずっと返納せずに持ち続けようと思っています。

人が集まるパワースポットは悪い気をもらってしまう場合もある

私は、念とか邪気とか、波動とかに敏感だ。
なので、割と人ごみが苦手。買い物とかで行く場合は、一人で行き短時間でいつも帰ってきます。
たくさん人がいる場所には、よくない気も集まるからね。すごく疲れてしまう。


パワースポットだと言われている場所であっても、全てが神頼みみたいな人がたくさん集まる場所は、気の悪い人もたくさん集まる。
なので、自分のパワーが弱っているときは、逆に行かないほうがいいかも。

私が結構苦手な波動の場所って、実は、宝くじ売り場。
棚ぼたを願う長蛇の列からは、あまりいい気が流れていない。


私は何かの抽選では、当たりくじをよく引くのだけれど、宝くじには昔から全く興味がない。
努力せずに、宝くじで大金当てたら、なんか、逆に運が下がってしまいそうな気すらしている。
実際、宝くじを当てた人の末路とか聞くと、その後あまりハッピーな結末にはなっていなかったりするよね。

私は、全ては、自分から出る波動で現実を創ると思っているけど、これが、まさにそうだ。
いいとこどりだけしたいという波動には、それなりの現実がついてくるのだと思っている。

最強パワースポットの特徴あるある

私は、波動に敏感なので、よく邪気祓いのためにパワースポットにはいきますが、何もパワスポは神社だけではない。普通の公園でもパワスポだ。日常生活において、ちょっとパワーチャージするか、ってくらいなら、近所で十分だ。
ただ、ここぞというときは、私も最強のパワースポットに行きます。

よく行く箱根神社は、私にとって最強のパワースポットのひとつだけれど、みんなも行っているよね。東京からなら日帰りでも行けてしまう。
なので私は、なるべく人の少ない平日に行くようにしています。

箱根神社以外は、実際にパワーをもらおうと私が気合いいれていくような場所は、気軽に行ける感じの場所ではない。


それは、いってみれば、登山系だ。

昔は、山自体が、神様だったんだよね。
その前に鳥居なんかが後からできていたり。


富士山の山頂は、その中でも、一番きつい。
だけど、パワーも半端ない。

他にも、登山系は、例えば、京都なら伏見稲荷大社なんかもそうだけど、みんな前まで行って、下のほうで拝んで帰ってきちゃうでしょ?
あれこそ、山の山頂まで行かなくちゃなんだよね。


他にも、奈良県の大神神社なんかもそうだ。
山頂まで往復2時間以上はかかります。

屋久島の縄文杉もすごいパワスポだった。
富士山の次にきついです、たどり着くまで。

本当に神聖な場所は、荷物をロッカーに預け、写真撮影禁止、食べ物の持ち込み禁止、ご祈祷のときに身に着ける襟みたいなのあるじゃない?あれを身に着けて登ったりする。

インスタ映え狙っている人など、神様の前までたどり着けません!(笑)

そうなってくると、観光気分お覚悟の甘い人は、神様のところまでやってはこない。大抵、下で引き返すのだ。
山頂は、棚ぼた的な幸運を望む人はやってこないため、とても気がいいい。強いパワーが残っている。
変な邪気とは無縁なのだ。


下の方は、私が気がよくないなと思っている、宝くじの行列みたいな気を感じてしまうこともある。

パワースポットでの神頼みも、効果を出すのは、現実世界の努力に比例する

神頼みするときに重要なのは、これを叶えるために自分は努力をします!っていう覚悟を証拠として神様に示すことだと思う。登山は、その覚悟にあたるはずだ。

だから、きつい登山を乗り越えて、祈願すると、パワーアップするのだと思う。


結局、パワースポットでも、現実世界でも、誰かより秀でたい、頑張りたいって場合は、棚ぼたはないってことだ。そんな虫のいいことはないってことを、最強パワースポットが、気軽にはたどり着けない場所にあるってことで物語っている。

登山系パワースポットの効果

登山系パワースポットの効果は、神様の前にたどり着けるまでが大変で、下から頑張って上がってくる人の人数が絞り込まれるというのもあり、なんか願いが叶いやすいような気もする。

これ、本当に、人生と同じ。

私が実感したのは、パワーをもらったというのももちろんあるけど、そこにたどり着けたことで、なんか自分はやれるんじゃないか?っていう後押しと自信を得て帰ってきた感じだった。

なんか今運気イマイチだって方、これから、運気をあげるべく、頑張る覚悟を決めて、登山系パワスポに行ってみてはいかがでしょうか?
帰りに、いい気と、お守りと、やり遂げられる自信を持って帰れますよ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次