動画で学ぶブランディング基礎講座、個人マンツーマンコンサルティング・法人コンサルティング・オンライン顧問詳しくはこちら!

旅は、ご縁のある場所へ!ツーリズムエキスポで私が立ち寄ったオススメ観光地!

目次

旅は、ご縁のある場所へ!ツーリズムエキスポで私が立ち寄ったオススメ観光地!

4年ぶりにツーリズムエスポに行ってきました!
ビッグサイトの会場は回りきれない程の広さ。なので、とても全部を見て回るのは難しい。
旅先決めるってさ、縁だよね。
ふと見かけたパンフレットとか、たまたま友人の出身地で知り、そこでビビビってきて、ここに行こうって決めたりする。

誰かとの出会いで、その地へ行ってみるっていうのもすごく多い。はっきりいって、出身者や住民は、みんなが観光大使みたいなものだ。
今回は、私に、やたらアピールしてくる押しの強い観光地(笑)、そして、私がかつて行ったことのあるお気に入りの観光地、実は縁がある場所、さらには、本当にビッグサイトを歩いていたら、たまたま目に留まったポスターや観光担当の方が話かけてくださった、そんな、ご縁のある観光地をご紹介したいと思います!

ぜひ、滋賀県ブースへ!と滋賀愛強い紀美子ちゃんと滋賀県ブースへ

ツーリズムエキスポに行くわ、とフェイスブックに投稿したら、真っ先に、ぜひ、滋賀県ブースへ!と素早い反応をくれた紀美子ちゃんは、この前まで滋賀県のアンテナショップで働いていて、現在は、滋賀県人会で働いています。
もうさ、滋賀県の東京でのイベント参加などの情報を逐一送ってくるんだよね(笑)

こういう人が、ご当地の情報発信などに関わる仕事をしているって、本当に大事だよね。
滋賀県ブースには、観光協会の方も一緒にいたのに、ガイドか!ってくらい、私に滋賀県のオススメスポットを解説してくれましたよ。

滋賀県と言えば、真っ先に思い浮かぶのは、琵琶湖。
この琵琶湖を囲むように、観光スポットがあるのですが、関東の皆さん、滋賀の観光スポットをいくつ知っていますか?
すごくいっぱいあるのだよ。
私は、彦根城には行ったことがありますが、まだ、他の観光地には行ったことがありません。
パワスポ好きな私的には、琵琶湖に浮かぶ、竹生島と比叡山延暦寺に行ってみたいです。
後はね、大津にある標高1100mから琵琶湖の絶景を一望し、ソファでお茶もできるらしいびわ湖テラス。
そして、甲賀で忍者体験とかしてみたい。
それから、花好きな私としては、湖北のイングリッシュガーデンのローザンベリー多和田に行ってみたい。
このお庭、前から行きたいのよ。絶対に女子好きだと思うよ。
いつも出張で近くまで行って通過して帰ってきてしまったけど、今度は、ゆっくり滋賀で延泊したいな。

首都圏の人に人気の観光地の宝庫群馬県ブース

うちの別荘のある嬬恋村も群馬県!そして、嬬恋村から車ですぐの草津町は、昔からなじみのある温泉地。嬬恋村の万座温泉と草津町の草津温泉は、入り比べができるくらいの近さです。

草津温泉の湯畑は、みなさん一度は、テレビや雑誌で観たことがあるのでは?
群馬県は、スキー場がたくさんあるので、スキーをした後、温泉が楽しめ、これからの冬のシーズンも観光客で賑わいます。温泉もさ、もう、書ききれないくらいたくさんあるの。観光資源がとても豊富なところです。

今回群馬県ブースに沼田市の観光協会の方がいらっしゃいました。私は、沼田には行ったことがなかったのですが、河岸段丘の上に栄えた城下町だそうです。パンフレットの表紙写真の雲海のような風景、圧巻ですね。
そして、沼田と言えば、フルーツ!6月から11月下旬まで様々なフルーツ狩りが楽しめます。さくらんぼ、ブルーベリー、ぶどう、りんご他たくさんの果樹園がありますよ。

まるで海外の街のよう!語学ワーケーションに沖縄県北谷町はいかが?

積極的にワーケーションを推進している沖縄県の中でもひときわ目を引いた北谷町の街並み。
こちらで企画をやっている片野さんと街をバックに写真を撮りました。
街中の建築物がすごくカラフルで、どこもかしこもインスタ映えしそう!
沖縄にこんな場所があったなんて!と、思わず、ものすごく食いついてしまいました。

私はビデオで見せてもらったのですが、入り組んだ小道とかテラスとかどこもかしこも映えまくり、これ、絶対に女子が好きそう!

ワーケーションで親が仕事をしているときに、お子さんは終日英語を学ぶとかいいですよね。北谷町では、子供から大人まで参加できる英語体験プログラムがあります。
小学生から参加できるイングリッシュキャンプコースは、朝9時~15時半まで午前中は授業、参加者でランチをしたあと、午後はレクリエーションでみんなで楽しく遊べます。大人たちだけでその時間ゆっくりできるのはいいですよね。
この街自体が海外の雰囲気ですので、海外留学気分が味わえそう!

那覇空港からほど近く、アクセスがいい浦添市

浦添市は、ワーケーションにいいなと思った場所。那覇空港からすぐの場所にあって、米軍基地が近くにあるので、外国風の可愛い建物なんかもあるみたい。
今、海沿いにタワーホテルを建設中とのこと。ウィークリーマンションやマンスリーマンションなんかもあって、長期滞在でもお得に滞在できそうでした。

しかももちろん、海はすぐそば!
空港からモノレールもあって、最寄りの浦添前田駅から宿までタクシーでも1500円くらいだとのこと。ペーパードライバーの私でも行けそう

コンビニもたくさんあるし、ワーケーションで気軽に行けそうな穴場でした!

行ってみて思ったのは、ここは旅でも移住でもいい!関西圏での移住一押し淡路島洲本市

久しぶりに、淡路島洲本市の塩寺さんと再会しました!
私はコロナ禍直前に、地域ブランディングのセミナー講師で洲本市に2回呼んでいただいています。

淡路島には3つの市があるのですが、洲本市は、真ん中にあります。ここはね、観光で行っても最高なのですが、私は、ああ、私、ここなら、即移住できるな、と初めて行ったときに思いました。
私が2拠点ライフをしている群馬県嬬恋村と似ているのは、ここの雰囲気は、適度に田舎であり、だけど、東京から移住しても違和感なくやっていけそうな雰囲気がある。神戸の三宮からのアクセスがよく、バスが夜遅くまでけっこうな本数出ていて、たった77分で洲本バスターミナルに到着する。
近いでしょ?だから、映画観て、デパートで買い物して、そして島に帰るとかできちゃうんだよね、日帰りで。
都会からすごく近いのに、海はすごくきれいで、田舎ライフも楽しめる、いいとこどりなんですよ。

さらに洲本市は美味しいものがたくさんあります。ここは、御食国。日本古代から平安時代まで皇帝・朝廷に海産物を貢いだと言われた地域です。アワビ、ウニ、伊勢海老とかの高級食材もとれます。淡路牛やたまねぎも有名ですよね。
泊った宿も温泉も最高でした!また行きたい場所です。

大人女子にお勧めなのは、私がひっそり行ってる奈良県です

気などに敏感な私がリピートしている最強のパワスポが日本各地にいくつかあるのですが、そのひとつが奈良県にあります。それは奈良県の大神神社!
実は、出張などで関西に行くと、最終日などに京都に荷物を預けて奈良県の大神神社に行くことがあります。ここはね、ちょっと特別で、山がご神体で、そこを登るのは、軽い登山レベルでけっこうきつい。
しかも、ここでは、荷物は預けて登るので、写真撮影なども一切禁止。それくらい神聖な場所なんです。

あまり人に言わないで行くのは、なんか、言ってはいけないような気持ちになるのですよ。観光気分では行ってはいけないような神聖な気持ちになる不思議なオーラを放っている場所です。
コロナ禍になる直前にも、実は、人知れず奈良県に私は行っております。運気上げにね(笑)

私が奈良県の大神神社に行くようになったきっかけは、京都に住む友人に連れて行ってもらったのがきっかけ。国内には私がいくつか通い続けている神社があるのですが、全部ね、誰かのクチコミとか紹介とか、ふと情報を目にするとかが通いだしたきっかけなんです。
呼ばれて行っているみたいなね(笑)
そういうきっかけで行く場所は、その地の気に自分が合うのと、やはりそこに縁があるのだと思っています。いつも大神神社にしか行かないで帰ってきてしまっているので、今度はもっと色々巡ってみたいです。県の方に聞いた情報では、他にもすごいパワスポがあるとのこと。修学旅行とかでは行かない、大人女子が楽しめる場所がたくさんあるらしいので、次に行くのが楽しみです。
またイメージになかったのですが、奈良県はグルメの街だそうです。
奈良県の五条市は日本一の柿の産地だってことも、今回初めて知りました!もうすぐ柿のシーズンですよね
私柿大好きなので、何個でも食べられるわ(笑)
そして、皆さん、ご存知でした?奈良県は、都道府県単独でミシュラン本が出版されたのは、東京、新潟、北海道に次ぐ日本で4番目の地域。
グルメを楽しみたい大人女子にも、奈良県は要注目です!

嬬恋村の観光大使としてご近所にちょっとご挨拶!いつも身近にある長野県

私は、うちの別荘のある群馬県嬬恋村の観光大使であるキャベツ大使を任命いただいている。
ご近所付き合いって大事だよね?(笑)ってことで、長野県ブースにご挨拶に行ってきました!
お話してくださったのは、長野県観光機構の丸山さん。長野県全域の観光推進をもう30年も担当されていて、すごく面白い方。ブースの前で爆笑しっぱなしの私でした。こちら群馬県側ですが、お隣さん同士、長野県と仲良くやっていけそうだ(笑)

グリーンのエリアが長野県、そして群馬県の左端が嬬恋村です。うちの別荘のある群馬県嬬恋村は、長野県に囲まれていて、別荘があるのは、軽井沢町のすぐ上あたり。下手したら、他の群馬県内の観光地よりも、長野県の方が近かったりもします。スーパーに買い物に行くのも長野県だったりするくらい近い。生活圏が一緒だったりします。
私は自分が車を運転しないので、大きな地図を見たことがなかったのですが、改めて長野県の地図を見てみると、けっこう行ったことがある場所が多い。移動教室で行った菅平高原が、嬬恋村の隣だとは知らなかった。

そして私が行ったことのある場所で一番気に入っているのは、上高地だ。ここって、天国ですか?っていう美しさだった。上高地にはまた是非行ってみたい。
あとはね、パワスポ好きには有名な、ゼロの磁場の分岐峠という場所がある。そこにすごく行ってみたいのだけど、アクセスが悪いらしい。そこの気がすごくいいと言われていて、そこには何もないんだけれど、いるだけで元気になれるらしい。疲れを取りに行きたーーーーい!
あと、長野県の思い出では、駒ケ根で食べたおそば。今まで生きてきた中で、あれよりも美味しいそばを食べたことがない。仕事で連れて行ってもらったので、そのお店が、駒ケ根のどこにあるのか不明だったのだけれど、この記事を書いているきっかけで調べてみました。ありました!ここです、山里乃蕎麦丸富さんです。近くに行ったら行ってみてね。

そして、この原稿を書いてるときに、長野観光機構の丸山さんから、疲れたキャリアウーマンにおすすめの観光スポット情報が来たので、いくつか付け足しておきます。脱デジタル、脱日常、山奥の一軒宿でセレクトしてくださったそうです。
小川村のリュイソウ(古民家をリノベーションした宿) 小谷村の梢之雪(古民家をリノベーションした宿)、伊那市のみらい塾(料理はすべて手作りで蔵の宿)、大鹿村の右馬允、がおすすめだそうですよ、私みたいな疲れたキャリアウーマンには(笑)

さらに、観光スポットでは、大町市のラ・カスタナチュラルヒーリングガーデン、白馬村の八方池、長野市の戸隠神社奥社、茅野市のバラクライングリッシュガーデン。
疲れたキャリアウーマンの気持ちをよくわかっていらっしゃる(笑)どこも行きたいなと思う場所ばかり。今すぐ行きたくなるようなセレクトでした長野県に行かれる方は、ぜひ、チェックしてみてね。

日本のハワイと言えばここだよね!福島県いわき市

アロハ―――って言いながらポーズとってくださったのは、福島県いわき市の観光まちづくりビューローの川俣さんといわき市にある常福寺の住職の上野さん。
川俣さんとお会いしたとき、なーんかどこかで会ったことがあるような?会ったことはなかったのですが、ムロツヨシさんにそっくりでした!(笑)しかも、トークも面白く、ムロさんみたい!そして真ん中の方、常福寺の住職の上野さんは、いわき市の企業研修プログラムで、阿字観(あじかん)という瞑想方法をいわき市で教えているそう。私も、たまに瞑想をして心を落ち着かせ自分と向き合うとかやっているので、興味津々です。


私の父は福島県の出身だ。だけど、父の両親は父が小さなころに亡くなっていて東京に出てきているので、今はいとこはいるけど、祖父母の家は私が生まれた時にはなかった。
なので福島県を旅したのは子供の頃に2回くらい磐梯山周辺の観光に行った家族旅行雑誌編集者時代に確かプレスツアーでスキー場のホテルのオープニングに行ったきりだ
子供の頃衝撃を受けたのは、五色沼。すごくきれいなグリーンがかった青い色をしていた。
大人になった今、また行ってみたい。
私が子供の頃行った福島県は、磐梯山周辺だったけど、多分さ、福島県の観光地で東京で一番知名度があるのって、実は、ここ、ハワイのあるいわき市なんじゃないでしょうか?
子供の頃から、ずっとスパリゾート・ハワイアンズ(昔は、常磐ハワイアンセンターって名前だったよね?)のCM見て育ったし、映画「フラガール」のヒットでみんなが知っている。
いわき市は、それ以外にも、巨大な水族館があったり、フルーツ狩り果樹園、ゴルフ場に乗馬クラブ、温泉など、楽しめる場所がいっぱいある。東京新宿から直行バスが出ているアクセスの良さももとても魅力的だ。
ハワイ好きで毎年のように行っていた私。気軽になかなか行けない今こそ、日本のハワイ、いわき市だよね!

高校生の頃見た外国のようだと憧れたパンフレットはヨロン島だった

まだ海外旅行デビューしていない高校生の頃、パンフレットを見て憧れた場所がヨロン島だった。何ここ、外国?って思ったものだ。当時観ていたパンフレットは、東京からフェリーで行くツアーだった。今アクセス調べてみたら、鹿児島か那覇から飛行機かフェリーで行けるみたいです。
いつかここに大人になったら行ってみたい、と思っていたのに、大学生になって、海外デビューし、海外のビーチリゾートにばかり行っていた。そして免税店でブランドを買いまくっていた(笑)
でも、大人になった今、いいな~と思うのは、こういう素朴な感じの国内リゾートだったりもする。
ハワイも大好きだけど、あそこに行くと、買い物でスパークしてしまう(笑)
なので、国内の島旅では、素朴さを楽しむことができる場所に惹かれるんだよね。こんな場所でワーケーション出来たら最高かもね。日中は仕事して、夜は星空観賞して、週末はグラスボートに乗ってウミガメ鑑賞する。

春から夏にかけて干潮時だけ姿を現すという百合が浜で、星の砂を年齢の数だけ拾うと幸せになれるっていう伝説があるんだって。早く行かないと、星の砂を年齢の数拾うの大変だわ(笑)

ここに行けばパワー絶対にもらえそう!一度は行きたい和歌山県熊野三山

三重の伊勢神宮、島根の出雲大社には、何度か行ったことがある。ただ、ここに行かないと、なんか完結しない感じがしてならない。それは、和歌山県の熊野三山だ。
東京から行くとなると、アクセスが結構気合い入れていかないと行けないので、出張の帰りに寄るとかそんな感じで行ける場所ではない。
ずっと行きたいとは思いながら、ここまできてしまった。名古屋とか大阪の人には行きやすいよね。
熊野三山に行くのなら、最低でも3泊はしたいくらい。行くのなら、熊野古道を歩きたいので、筋トレしてから行きたい。それくらい気合い入れて準備していきたいわ。


熊野那智大社、那智の滝、熊野本宮大社、熊野速玉大社、全部行きたい。すごい邪気祓いになって、すごいパワーつけて帰ってこられそうだ。
そして和歌山のご当地商材と言えば、たぶんみんなまず浮かぶのは梅干しだと思いますが、ここでは、生まぐろが日本一の水揚げ量だとご存知ですか?
私は知らなかったです。
東京だと、生まぐろなんて、少しお高めのお寿司屋さんでしか食べられない。紀州勝浦では、そんな生まぐろ丼が1000円前後から食べられる。まぐろ大好きなんで、これにもとても惹かれます。ますます行きたくなってきたわ。行ったら、毎日マグロ三昧ね。

番外編!韓国では、ここに注目!

韓国には私は今まで3回行っています。だいたい明洞あたりのホテルに泊まって、そこを拠点にムートンとか毛皮とか革製品を買いに行いく。あとは韓国コスメを買ったり、汗蒸幕(ハンジュンマク)っていう韓国式サウナに入り、あかすりマッサージとかしてもらいます。
2時間で行けちゃうので、感覚的には、大阪に行くくらいの感覚です。
そして韓国にまた行く機会があったら行ってみたいなと思っている場所がある。

それは、ここ!仁川空港からほど近い、パラダイスシティだ。カジノやエンターテインメントを楽しめるゴージャスなリゾートで、ラスベガスみたいだよね。韓国には、昔からカジノがある。私のカジノデビューは韓国だった。
ラスベガスにも旅行で行ったことがあるのだけれど、あそこはね、なんだかテンションが上がるんだよね。パラダイスシティもラスベガスのようなゴージャスさだ。素敵だよね。

最後に、20回くらいリピートしているハワイブースの写真で終わりたいと思います。
私が最後にハワイに行ったのは、2019年の12月。その1か月後から日本でコロナ騒ぎが始まりました。
あのとき、ハワイ行きたいなと思い立って急遽行ったのですが、思い立ってすぐに行ってよかったと思います。


人生の中で行ける場所なんて、限られています。
だからこそ、全てが、縁なんだと思う。
ビビッときた場所があったら、ぜひ、行ってみてね!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次