動画で学ぶブランディング基礎講座、個人マンツーマンコンサルティング・法人コンサルティング・オンライン顧問詳しくはこちら!

嫌な予感を無視しちゃダメ!人生の選択を間違えない方法

目次

嫌な予感を無視しちゃダメ!人生の選択を間違えない方法

今までの人生を振り返ると、直感で決めたことはみな、ベストな選択だった。
失敗したなと思うような選択をしてしまったのは、常識的な情報をもとに頭で考えた選択だ。


私は、もともと直感力が優れていた子供だったのに、20代になってから、常識的な人であるべき、という周囲からの空気に押されながら、頭で考えた選択をするようになった。

しかし、これが、あまりいい結果にはならない。
で、途中からまた、直観力を前面に出した選択をするようになってから、色々なことがいい方向に向かうようになっていった。


たださ、また、生活しているうちに、頭で考える方に流されがちになっちゃうんだよね。
なんだろうねこれ、世の中の雰囲気に染まるっていう感じなのかもしれない。
気づけば、頭で考え選択しだしていて、そんなことはたいてい、いい方向にむかない。
そしてまた直感で選択するようにして、人生の軌道修正をする。そうすると、人生がスイスイいい方向に進む、もう、この繰り返しをしてきた。


もうさ、この法則いい加減、超正確だと気づいたので、私は、今後の人生は、直感優先で決めていこうと思う。
そんなこんなで、昨年直感力で様々なことを決断し、今は、ノンストレスで、超ハッピーだ。

やはり、人生の方向性を決める時は、頭で考えてはダメなのだ。
直観力を信じた方がいい。

強く願えばどこにいてもメッセージは降りてくる

私は、無宗教だ。
何かをすごく盲信したりすることはない。

信じているのは、自分に降りてくる直感だけだ。
でも、神様みたいな存在はいると思っている。
なんか大元の大きな存在があって、その使者みたいな人が、みんなが言う神様のような存在のイメージ。

私にとってみんなが言う神様とは、大いなる元のような存在の使者であり、困った時や悩んだときに人間にわかりやすいインスピレーションを与えてくれる仲介役のような感じに思っています。

なので、私は神社も行くし、お寺も行くし、海外の寺院も行くし、それこそ、ご祈祷するような場所じゃなくてもいい、単なる大自然の中でもね。そこら中で、神様方のメッセージは受け取れると思っている。
メッセージを受け取れる繋がれる場所ならどこでもいいのだ。

その人にとって、必要なメッセージをインスピレーションとして与えたりする存在は、神様というのが正しいのかはわからないけど、いると思う。しかもそれは、私にだけではない、みんなに、全員にいるはずだ。

だけど、みんな、その感覚を無視して生きているんだよね、たぶん。
お正月だけ神社に行って、必死に願い事拝むのにさ、なぜ、そのあと、神様とやり取りしないのかが不思議。
経過報告とか、途中経過相談とかしたほうがいいと思うよ。

そのメッセージってね、本来は、どこにいても受け取れるものだと思うけど、集中しやすいというか、降りてきやすいのは、波動のいい場所である神社とかなのかもしれない。

私の場合、神社じゃなくても、ハワイの海でも、山の中でも同じだ。
波動がよくて、頭がクリアになる場所なら、自分の部屋でも、どこでもいい。

だから私は特定の宗教に全然興味がない。お供えしなくても、断食しなくても、お布施しなくても、心をクリアに波動を上げて、一生懸命誠実に生きていれば、メッセージは直感という形でしょちゅうやってきますから。みんなにもね。

嫌な予感は絶対に無視しちゃダメ!スピリチュアル的メッセージかもしれない

とくにこれと言った原因があるわけじゃないのに、なんだか気が乗らない。
そんなことはありませんか?
人ってさ、良い予感よりも、悪い予感の方が当たりやすいんだよね。


それは、人間に備わっている防衛本能か、はたまたスピリチュアル的に言えば、あなたを護っているご先祖様とか守護霊様のような存在が、そっちは、ダメだと、必死に伝えているからかもしれない。
そんな感覚があったら、絶対無視しないで、一旦立ち止まりましょう!

普段から波動を良くしていると、この嫌な予感も、すごくわかりやすい形で、キャッチすることができます。
波動が落ちていると、キャッチできずに、判断力が鈍ってしまう。

なので、普段から波動を上げておくことはとても大事です。

あと、疲れていると、キャッチできないので、悩んだり迷ったら、とりあえず寝る(笑)

寝て起きたら考えるといいと思います。

嫌な予感は当たるのに人はなぜ無視してしまうのか?

よく嫌な予感が当たってしまった!とかいう人いるけど、事前に嫌な予感がしたにも関わらず、なぜ、その選択をしてしまうのか?
そう思いませんか?
それには、以下の3つの原因があると思います。


1、直感という非科学的なもの(だと思っているもの)より、目に見えるデータや言葉を信じている

2、権威とかそういうものを強く信じていて、自分を信じていない。だから、権威のある人の言うことなら盲信するのに、自分の感覚は信じられない

3、実は、嫌な予感を裏付ける証拠やデータをチラチラ目にしているのに、信じたくないがあまり、信じようとせず、自分の都合のいい解釈をしようとする

1と2は、自分を信じていないから。
でも、あなたの本能的なところからくる、嫌な予感という直感は、きっと何よりも正しいはずです。
とくに、理由が思い当たらないのに、嫌な予感がするというのは、あなたの魂やあなたの守護霊などが、そっちダメ~!!!!って強く合図を出しいる証拠だ。

そんなときは、すぐに決断をしない方がいい。大きな決断は避けましょう。

3に関しては、これ、すごくありがちです。
っていうか、嫌な予感を無視する人の理由って、たいていこれなんじゃないの?

ダメ男にひっかかる女子、トラブル起こす友人との付き合い、契約を切った方がいい仕事の取引先、などがありがちな例だ。

絶対に、チラチラ証拠のようなものを目にしているはず。なのに、それをちゃんと見ようとせず、自分に都合のいい解釈をしようとする。

嫌な予感を無視する人ってさ、結局楽をしたい人だと思うのだよ。

自分で調べて確認するのが面倒くさい。
何かと向き合うのが面倒くさい。
一からやり直すのが面倒くさい。
何かを失うのが怖い。


で、結局、もっと面倒くさい結果を招いてしまう。
嫌な予感を無視し続ける時間が経てば経つほど、嫌なことが拡大していく。


嫌な予感とは、魂の成長をするために、それじゃあないから、そっちだめだから、っていう合図だと思う。
それをやめない、あらためない、方向転換をしない限り、もっと嫌なこと起こすからな、っていう印だと私は解釈しています。

一番ダメージ少ないのは、すぐに察知して、方向転換する人だ。

誰かの言葉とか、何かのデータなど、所詮人間が作ったものだ。
都合よく捻じ曲げられていることもあろう。

なので、自分の直感は無視してはいけない。
たいてい、当たっているはずだから。
嫌な予感がしたら、盲信せず、その場で決断せず、必ずその不安感やザワザワする感じの裏付けを取ろう。
そして、もっと自分の感覚を信じてあげよう。

直感を重視してハッピーに生きよう

見た感じそうは見えない。
権威のある立派な人が勧めている。
自社にとって、とてもいい条件だ。

なのに、なーんかモヤッとするわ、っていう感覚がもしもあなたの中で芽生えたら、やめた方がいいよ(笑)
直感からくる胸騒ぎは、きっとあなたを救うためのメッセージだから。


もっと自分の直感を信じましょ。
だって、あなたの幸せを一番願っているのは、あなた自身のはずだからね!
もっと自分を信じてあげよう!
不幸な選択はしないようにね。
この記事を読んでくれている、あなたがいつも幸せでありますように!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次